忍者ブログ
競馬予想 無料 2月 京都競馬場開催 京都記念についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
 1  2  3  4  5  6  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 京都記念 出走資格と賞金


出走条件

サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬

及び出走登録を行った外国調教馬(8頭まで)。



負担重量

別定重量

2007年までは賞金別定で行われたが、

2008年からはグレード別定重量に変更となり4歳は56キロ、

5歳以上は57キロ、

牝馬は2キロ減を基本とし、

更に牝馬限定GI優勝馬を除くGI優勝馬は2キロ、

牝馬限定GI優勝馬、

牝馬限定GII優勝馬を除くGII優勝馬

及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI優勝馬を除く

GI優勝馬は1キロの負担が課せられるよう定められている。

但し、2歳時のグレード・グループ優勝は対象外。



総額賞金

1億2,100万円

1着賞金6,400万円、2着賞金2,600万円、3着賞金1,500万円、

4着賞金960万円、5着賞金640万円と定められている。



現在の優勝レイの配色

緑色の地に銀色文字となっている





タグ:競馬予想 無料  ゲーム


PR
競馬予想 無料 京都記念 概要


1942年に京都競馬場のハンデキャップの芝3500mの重賞競走京都記念として創設され、

春と秋の年2回施行された。

春の競走は出走条件が5歳(現4歳)以上、

秋の競走は4歳(現3歳)以上と決められていた。


1944年から1947年春までは太平洋戦争の影響により開催中止、

1947年の秋の競走から再開、

秋の競走は芝3200mに変更された。

しかし春の競走も翌年に芝3000mに変更、

秋の競走も1949年に芝3000mに変更した。


1951年には春の競走を芝2400mに変更。

春・秋ともに負担重量を別定に変更したが翌年には再びハンデキャップに戻し、

春は芝2200m、秋は芝2000mに変更。

しかし1953年には再び春・秋ともに負担重量を別定にし秋の競走も芝2200mに変更したが、

1954年の秋の競走は再びハンデキャップに戻され混合競走に指定、

1955年には春の競走も指定され、芝2000mに変更した。

1956年の春の競走から混合競走から除外、

1959年の秋の競走は開催中止となった。


1964年には春の競走を芝2200mに変更、

1969年からは春・秋ともに芝2400mとなった。


1984年にはグレード制施行によりGIIに格付け、

再び混合競走に指定、現在の年1回制に変更となった。


1994年には現在の別定の芝2200mに変更され、

1996年には地方所属の騎手が騎乗可能となり、

2005年には混合競走から国際競走に変更された。

日程的にドバイミーティング・ドバイデューティーフリーとドバイシーマクラシックのステップレースとなり、

2007年にはアドマイヤムーンがこのレースともども連勝を飾った。


関西圏では日経新春杯に続く古馬の芝のGII競走であるが負担重量が別定なので

GI級の有力馬が年明け後の始動のレースとして出走するケースも多く、

本競走から阪神大賞典や大阪杯をステップとして天皇賞(春)に向かう傾向がある



タグ:競馬予想 無料  ゲーム

競馬予想 無料 京都記念 について


京都記念
(きょうときねん)とは

日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝2200mで施行する

中央競馬の重賞(GII)競走である。

正式名称は農林水産省賞典京都記念。


京都記念
開催地 京都競馬場
施行日 2009年2月21日
格付け GII
1着賞金 6400万円
距離 芝2200m
出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)[指定]
負担重量 4歳56kg、5歳以上57kg、牝馬2kg減、
牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬2kg増、
牝馬限定GI級優勝馬、牝馬限定GII級優勝馬を除くGII級優勝馬及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬1kg増
(但し、2歳時の成績を除く)
第1回施行日 1942年5月17日





タグ:競馬予想 無料  ゲーム
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
京都娘
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by.Rinmaru
忍者ブログ [PR]